練習の流れ

①ストレッチ

練習開始前に10分程度のストレッチを行いましょう。怪我の予防になります。

キックボクシング 練習 ストレッチ

②筋トレ

スクワット・腕立て・腹筋・けん垂など、筋トレをしましょう。筋トレをすることにより脂肪の燃焼を良くして太りにくいボディを作ります。個人の体力を考慮して行ってください。

キックボクシング 練習 筋トレ

③シャドウ

鏡を見ながら「キック」「パンチ」のフォームをチェックしましょう。
正しいフォームを身につけ、上達してきたらリングの中で実践的に行います。

キックボクシング シャドウ

④サンドバッグ

打つ・蹴ることにより、打撃力を強めて筋肉強化を図りましょう。
打撃力のアップに最も効果のある練習となります。
サンドバッグトレーニングができないうちに、スパーリング・ミットトレーニングをしても上達しません。正しいフォームで打ち込み・蹴り込みをすることが上達への近道です。おろそかにしてはいけない重要なトレーニングです。

キックボクシング サンドバッグ

⑤ミットトレーニング

正しいフォームで「打る」「蹴る」ことができるようになったら、実践的なトレーニングをしましょう。
トレーナーのミットに「パンチ」「キック」を打ち込みます。
※状況により実施できない場合もあります。パーソナルトレーニングではミットトレーニングの実施を保証します。

キックボクシング ミットトレーンング